【こんなに違うの!?】公認会計士・専門学校ごとの費用・金額の違い

公認会計士の専門学校の費用・金額はどれくらい?

公認会計士試験の合格を目指して、専門学校で勉強したい!

 

でも、公認会計士講座を扱う専門学校・予備校の費用・金額は、どれくらいかかるのでしょうか?
専門学校・予備校に通うのに、どれくらいの費用・金額がかかるのか気になるところです。

 

 

そこで、ここでは、「TAC」「大原」「LEC」の3校を比べてみます。

 

私が実際に、各専門学校のパンフレットを取り寄せて、公認会計士講座の金額を比べてみました。
その、リアルな金額をお伝えします。

 

「TAC」の公認会計士講座の費用・金額について

公認会計士の試験を受験する受験生のほとんどが「TAC」で勉強する人たちです。

 

しかし、「TAC」の公認会計士講座は、他のどの専門学校よりも受講代金の費用・金額が高いです。
ちなみに、あとでお伝えする「大原」も「TAC」と同じくらい受講料が高いです。
「大原」については、後ほどお伝えします。

 

 

それでは、具体的に、「TAC」の公認会計士講座の費用・金額をお伝えします。

 

「TAC」の公認会計士講座の費用・金額は、およそ、66万円〜73万円です。

 

 

金額に幅があるのは、入学時期や、どのくらいの勉強期間で合格までたどり着くか。
これらの条件によって、「TAC」では、いろいろな勉強コースを用意しているからです。

 

 

例えば、「集中して勉強して1年で合格したい」という人向けに「短期集中コース」がありますが、この受講料はおよそ66万円です。

 

一方で、例えば、「全くの初学者なので、2年間かけて着実に合格までたどり着きたい」という人向けに、「2年ロングコース」がありますが、この受講料はおよそ73万円です。

 

 

このように学習期間が長くなるコースほど、サポート期間やテキストの配布量も多くなるので、金額も高くなります。

 

これに加えて、授業を欠席した場合に、「インターネットを使った動画講義で後日授業を受けたい」というサポートもあり、このサポートを付けると、もう少し金額が高くなったりします。

 

 

最後に、「TAC」の公認会計士講座の費用・金額について、まとめますが。
「TAC」の公認会計士講座の受講料は、およそ、66万円〜73万円です。

 

ただ、まったくの初学者の状態から勉強する場合は、2年間かけて勉強するのが通常なので、初学者の場合は、およそ、73万円の受講料がかかると思っておいた方が良いでしょう。

 

「大原」の公認会計士講座の費用・金額について

公認会計士の試験を受験する受験生のうち、「TAC」と同じくらい受験生の人数が多いのが「大原」です。

 

「大原」の公認会計士講座の受講料も「TAC」と同じくら受講料が高いです。
それでは、具体的に、「大原」の公認会計士講座の費用・金額をお伝えします。

 

 

ずばり、「大原」の公認会計士講座の受講料は、およそ、64万円〜73万円です。
同じ、大手予備校の「TAC」と比べても、受講料はほぼ同じくらいです。

 

 

「大原」も「TAC」と同じく、1年で合格を目指すコースもあれば、2年かけて合格を目指すコースもあります。

 

1年で合格を目指すコースは、受講料が、およそ、64万円です。
一方で、2年かけて合格を目指すコースは、受講料が、およそ、73万円です。

 

 

公認会計士は最難関の国家試験なので、1年で合格することは難しく、最短でも2年間は勉強する必要があると思います。

 

なので、多くの人は2年かけて合格するコースを受講することになるので、受講料は、およそ、73万円かかると思っておいた方が良いでしょう。

 

「LEC」の公認会計士講座の費用・金額について

「LEC」の公認会計士講座は、「TAC」や「大原」と比べて、少し特殊です。

 

公認会計士の試験は、短答式試験と論文式試験の2段階で行われますが、「TAC」や「大原」は短答式試験や論文式試験をあまり区別せず、どちらも合格できる実力を身に付けていこうというスタンスです。

 

しかし、「LEC」の場合は、「まずは短答式試験に合格しないと、論文式試験は受験できない。だから、まずは短答式試験に合格することを目指そう!」というスタンスです。

 

 

そのため、「LEC」の公認会計士講座のパンフレットを見ると、短答式試験に合格できるまでの学習期間の受講料が記載されています。
そして、論文式試験に向けて勉強する受講料は別料金となっています。

 

 

具体的にお伝えします。
まず、「LEC」では、短答式試験に合格することを第1目標としており、学習期間は1年で短答式試験に合格することを目指しています。

 

そして、気になる受講料ですが、およそ、35万円〜40万円となっています。

 

金額に幅があるのは、いつ学習をスタートさせたかによって金額が異なるからです。
より早く「LEC」で公認会計士講座を申し込み、学習をスタートさせた場合は、受講料は、およそ、35万円となります。

 

 

そして、短答式試験のあとは、論文式試験の勉強に入るのですが、論文式試験の勉強を始めるには「追加料金」が必要となります。

 

その「追加料金」は、1年間の学習でみごと短答式試験に合格できた場合は、「追加料金」は5万円です。
一方で、1年間の学習で短答式試験に合格できず、さらにもう1年間勉強を頑張る場合は、「追加料金」は20万円となります。

 

 

 

つまり、簡単にまとめると。

 

1年間の勉強で短答式試験に合格できた場合は、35万円〜40万円に加えて、5万円の受講料で論文式試験の講座を受講できます。

 

1年間の勉強で短答式試験に合格できなかった場合は、35万円〜40万円に加えて、20万円の受講料で論文式試験の講座を受講することになる、という訳です。

 

 

公認会計士は最難関の国家試験なので、1年の勉強で短答式試験と論文式試験に合格できることは稀です。
なので、最低でも、2年間は勉強することを覚悟した方が良いでしょう。

 

なので、「LEC」で2年間勉強することになると、最高の金額で、40万円+20万円=60万円くらいは、受講料がかかると思います。

 

 

それでも、この費用・金額は、「TAC」や「大原」の専門学校(予備校)と比べると安いです。

 

「TAC」や「大原」で2年間勉強する場合は、64万円〜73万円くらいの受講料なので、それと比べると「LEC」の受講料は安いと言えるでしょう。